美・エッセンス ジェル 商品詳細

お心当たりありませんか?
年齢を重ねていくごとに増えていくお肌の悩み
  • 肌のハリがなくなった
  • ほうれい線や目元のシワが目立つようになってきた
  • シミ・そばかすが増えてきた
  • 肌がくすんで見える
諦められない方は今すぐお試しください
○○入美容液も、○○クリームも、○○パックもいらない
潤いを肌に与えて、長時間保湿を維持
無添加化粧品「美・エッセンスジェル」で肌摩擦によるダメージを減らし、うるおいと有効成分でハリ・弾力のある肌へ
乾燥による肌のカサつきが気になる方にもおすすめしたい、1本で化粧水から乳液、美容液、クリームの4役が期待できるオールインワンジェル美容液です。
肌になめらかに伸びてなじみ、角質層の隅々にまでうるおいを与え、乾燥を防いでキメを整えます。
ポンプタイプでささっと手に取りやすいのも、嬉しいところですね。

美白も保湿もしたいというニーズにお応えするため、「アクア モイストゲル」の良いところはそのままに保湿成分を高配合いたしました。
ぷるんとしたみずみずしいジェルがなめらかに肌になじみ、洗顔後これ1品で透明感あふれるしっとり肌にととのえます。
高保湿ブースターコスメで跳ね返すようなハリを実現
なめらかな使用感で、ハリに迫るジェル美容液。
手のひらに押し出される感触がぐんとリッチになりました。
高浸透で肌の馴染みの良さがさらに進化。
弾むようなふっくら肌へ導きます。
しっとりとした使いつかい心地で
シミを予防し、白いハリ肌へ
ふっくらハリのある白い肌のために...。
年齢肌にあらわれる隠れジミ・老化角質に働きかける美白成分
アミノ酸、高保湿成分を配合。
植物の力を組み合わせ、潤いを与えながらメラニンの生成を抑え
柔軟性や弾力を与えハリ肌へ。
さまざまな肌トラブルには、何より保湿強化のバリアが必要です
シワ
シミ
たるみ
くすみ
乾燥肌
ニキビ
黒ずみ

オールインワンジェル美容液の上手な使い方 5つのポイント

美・エッセンスジェルの魅力をより実感するための、5つのポイントをご紹介します。
1

適量を守る

美エッセンスジェルでお手入れを行うにあたって大切なことは、まず第一に、指定の量を守って使用すること
です。
これは他のスキンケアアイテムでもよく言われることではありますが、美エッセンスジェルの魅力をより早く実感したいと思うばかりに、ついつい使用量が多くなってしまうこともあると思います。
逆に、少ししっとりしすぎかなと感じた場合は、使用量を少なくしている方もいるでしょう。
美エッセンスジェルは、指定量での使用を想定して作られています。
基本的にはメーカー指定の量を守って、肌に重ねるようにしましょう。
2

肌をふんわり包み込むように重ねる

美エッセンスジェルを肌の上にのせるときには、ふんわりと包み込むように重ねていくことをおすすめします。
少し弾力のあるテクスチャーの美エッセンスジェルをしっかり肌となじませようと、ついこすってしまうこともあるのではないでしょうか。
先にもお伝えしているように、お手入れをするときの摩擦は、私たちが思っている以上に肌に負担をかけてしまいます。
手のひらの「力」で肌になじませようとせずに、手のひらの「温度」でゆっくりとなじませることを意識しましょう。
3

適量分のみ手のひらに取り出す

あらゆる物に触れる手は雑菌が繁殖しやすくなっていると言われるため、容器はポンプタイプになっています。必要分のみ取り出しましょう。
4

日焼け対策をする

美エッセンスジェルで朝のお手入れをした際は、日焼け対策も忘れないようにしましょう。
化粧下地の役割を兼ねた美エッセンスジェルなので、日焼け止めを重ねるべきか迷うこともあるか
と思います。
一般的に日焼け止めは化粧下地を重ねる前に塗るものだとされていますが、美エッセンスジェルはあくまで
「基礎化粧品」なので、使用した後に日焼け止めを塗るようにしましょう。
日常の生活紫外線って、1年を通して「SPF-15」程度の効果で充分だってご存じですか?
「SPF-15」程度なら、わざわざ、シミやシワなどの老化を早めるメイクアップの必要はありません。
長時間強い直射日光、紫外線にさらされるダメージは、肌を守る為であれば、美肌を守るやむを得ぬ対応としてのみ日焼け止めを塗って、防御しなければなりません。
通常のケアは“乾かない角質ケア”だけでも日焼け止め効果があるという事を心得ることです。
5

相性の良いベースメイクを使う

朝に美エッセンスジェルを使用した場合、ファンデーションがヨレたり、ポロポロとカスが出てしまうことがあると言われます。
その場合は、使用量が多すぎる可能性があるので、まずは使用量を調整してみましょう。
それでも変化がない場合は、オールインワンゲルに重ねる化粧下地やファンデーションとの相性が原因かもしれません。
朝だけ使用を止めてみる、またはベースメイクの種類を変えてみるなどの工夫をしてみることをおすすめ
します。

オールインワンジェル美容液の上手な使い方 基本の手順

美エッセンスジェルを使用するにあたっての基本の手順をご紹介します。
美エッセンスジェル特有の心地のよいテクスチャーを堪能しながら、ぜひお手入れを充実したものにしてください。
①手のひらにとる
美エッセンスジェルを適量手に
とりましょう。
②手のひら全体でなじませる
頬など乾燥が気になりやすい部位から順にふんわり手のひらで押さえるようになじませていきましょう。すべての部位になじませたら両手のひら全体で顔をそっと包み込み体温で肌の角質層まで浸透しやすくしましょう。
③気になる部位に重ねづけする
特に乾燥などが気になる部位には
ふんわりと押さえるようにして
重ねづけしましょう。

手でつけるのと、コットンを使うのとどちらが効果的?

手かコットンか。いつも問題になる部分です。
結論から言うと、どちらでもOK。
コットンを使うと、コットンで肌が摩擦されて痛んでしまうとも言われます。
コットンは、細かい部分までていねいにつけられる というメリットがあります。
コットンの場合、肌素水をまずヒタヒタにしてから、美エッセンスジェルをつけていきますが、気をつけてほしいのがコットンにつける美エッセンスジェルの量です。
美エッセンスジェルの量が多くても、少なくても良くないのですが、目安としては、コットンの裏側までしみるくらいを目安にしてください。
美エッセンスジェルの量が少ないと、摩擦となり肌へ刺激を与えることになるので注意してくださいね。
手でつけると、肌の状態がよくわかり、ダイレクト感があるという良さがあります。
どちらにも利点があるのでそれを頭に入れた上で、気分や好み、そして「時間があるかないか」で使い分けてください。

美エッセンスジェルの更なる活用法

さまざまな基礎化粧品の役割を兼ねることのできる美エッセンスジェルは、使用方法を工夫することで、新たな魅力を実感することができます。
1

スペシャルケアとして活用する

さまざまな役割をひとつで担う美エッセンスジェルは、単品での使用はもちろん、通常のスキンケアにパックなどのスペシャルケアとして加えることもおすすめです。
肌素水をお肌に浸透させてから、通常よりもやや多めに美エッセンスジェルを手にとり、顔全体に手早くなめらかに広げましょう。
推奨パック時間約5~10分が過ぎたら、肌の上に残ったジェルをティッシュなどで軽く押さえて取り除きましょう。

2

マッサージジェルとして活用する

美エッセンスジェルの適度な弾力感あるテクスチャーは、セルフマッサージにもおすすめです。
美エッセンスジェルを重ねた顔の内側から外側に向かい、くるくると両手指を動かしながらセルフマッサージをしていきましょう。
顔からデコルテ、ボディまでくまなくお手入れして、美エッセンスジェルの魅力をさらに実感しましょう。
3

持ち運び用スキンケアアイテムとして活用する

美エッセンスジェルは基礎化粧品に加えて、いざというときのサポートスキンケアアイテムとしても役立ちます。仕事中に肌が部分的に乾燥しがち、冷暖房によって肌の乾燥が気になるというときこそ、美エッセンスジェルの出番です。
特にポンプタイプは利便性がよく、デスクやテーブルのうえに常備しておくと、さまざまな場面で活用できるでしょう。

更なる効果アップには、トリプル使いがおすすめ!
役割順に3ステップで浸透
肌に馴染ませると形状が変化して効果的に成分が肌に入っていきます。
肌素水
精製水の107倍の「引き水」
効果で浸透+保水力
美容成分も一緒に浸透
化粧水
モイストローションEX
種植物由来の保湿剤
角質層への浸透力にこだわり
保湿成分を贅沢に配合
美・エッセンスジェル
※各商品詳細は、写真をクリック