無添加化粧品・自然派コスメ 製造 販売 アクアビューティーラボ

洗浄洗顔3品セット

パーフェクトナチュラルシンプルスキンケアセット

お手入れは 朝夜たったの 3−STEP

※メイクをされていない方はクレンジングを使用される必要はございません。

どんな肌でも、洗顔後には保湿成分が流出してしまい、肌が乾燥に傾きます。洗顔後にはたっぷりと化粧水で水分を与えてくださいね。現代のストレス社会の中で、女性の肌は乾燥しやすくなっています。脂性肌の方でも肌の内部では乾燥しているという方が殆どです。

まず水分。洗顔後には、化粧水でたっぷり保湿とゲルで栄養をたっぷり与えてあげてください。

お肌ケアの基本は、“洗顔、水分補給、保湿”です。

この3つが正しく行われていれば、“ほとんどの肌トラブルは改善される”と言われています!

「美は一日にしてならず」です。時間をかけてケアし続け、肌が美しく育つ時間が必要です。

 

ジワジワと老化を促進する「簡単洗顔」をこの先もずっと続けてゆくのですか?乾燥肌やトラブル肌の原因は、毎日の洗顔のし過ぎから始まっています!

あなたの皮ふには、とても大事な働きが「2つ」あります。それは・・・

1.外部からの汚れや障害から保護する機能 と 2.古い皮ふが新しい皮ふに生まれ変わる代謝機能 です。

この「保護機能」と「代謝機能」を、できる限りベストな状態に整えることが、「美肌になるための第一条件」なんです。

逆に、この2つがうまく機能してないと「老化肌」へと転落してゆきます。そしてこの2つの働きをスムーズに整えるために必要不可欠なのが「毎日の洗顔」なんです!

スキンケアの基本は洗顔により肌を清潔に保つことです。

しかし、洗顔の方法を誤ると、肌に過剰な刺激を与えたり、肌の潤いを奪ってしまったり・・・様々な肌トラブルの原因となってしまいますので、注意が必要です。

時には、慢性的な乾燥肌の原因が間違った洗顔だったということもあります。

おそらくほとんどの方が毎日せっせと泡を立てて朝に晩に洗顔をされているのではないでしょうか?長年女性の肌の悩みに接して来ますと、こういった方の場合・・・「毎日の洗顔に失敗している」というケースがほとんどです。「お化粧の第一歩」がうまくいってないことで・・・

◎洗顔のし過ぎ ◎力の入れ過ぎ ◎メイクアップ化粧品の使い過ぎ

ご存知の方も多いと思います、いわゆる「3過ぎ」です。

さらにこの時期

◎紫外線の浴び過ぎ ◎夏場の保湿不足による手抜きのし過ぎ

という「2過ぎ」が加わります。

夏場は、汗はかくし、皮脂も出やすい・・・汗をかく熱い季節はベタツクのがいやだから、保湿は怠りがちになります。でもこの熱い汗をかく時期こそしっかり保湿をしないと、外はベタベタ、内はカラカラ。「ベタベタ乾燥肌」というインナードライという恐ろしい肌状態になりやすいのです。このように、「3+2過ぎ」が見事にあてはまる方には必見です。

お肌の汚れは大きく次の2つに分類されます。

(1)           皮膚から出る汚れ 垢(古い角質)・皮脂・汗 など

(2)          外部から付着する汚れ ほこり・ごみ・油性化粧品

 

いろいろの汚れがありますが、この中で一番問題なのは「皮脂」と「油性化粧品」です。そして、この2つの「皮脂」と「油性化粧品」は汚れの中で、一番落ちにくいものです。

洗顔なくして化粧なし!洗顔なくして美肌なし!一日の締めくくりは洗顔にはじまって洗顔で終わるです。

「洗顔」こそは「美しい化粧」「美しいメイク」の第一歩です。

そんなに大事な「洗顔」という基礎化粧を、パパッと簡単に済ませていませんか?例えば「これ1個だけで」的な便利コスメで・・・。

その「簡単洗顔」が習慣化して完全に身に付いてしまった時、あなたはきっと「美しさの神様」から見離されることでしょう。

パパッと終わる「簡単洗顔」も問題ありですが、「一日の汚れを洗顔で徹底的に落とさないと気が済まない!」という方も、「トラブル肌」や「すぐ崩れるメイク」になる可能性が大です。

まず、外部から付いた皮ふの汚れ(ほこり・細菌・メイクなど)と、内部からの皮ふの汚れ(皮脂・汗古くなった角質)を着実に落とす、というのは当然です。皮ふは古い角質代謝で自然に剥がれ落ちる機能はありますが「清浄にする機能」というのを持っていないので、「汚れを落とす」作業をサボっていると、たちまち皮ふの保護機能や代謝機能が落ちてしまいます。

「やっぱり汚れを徹底的に落としたほうがいいってことじゃないの?」

いいえ、「徹底的」ではダメなんです。保護機能や代謝機能が落ちると、皮ふの「抵抗力」が落ちるので、ちょっとした刺激で炎症を引き起こします。基礎化粧の場合、何をおいても最初に、「完全な清浄」をすることが基本中の基本なのです。

「完全な清浄?徹底的に汚れを落とすこととどう違うの?」

単に「汚れ」を落とせばいいのなら、化粧品の「洗浄力」を上げればよいのです。こんなに簡単なことはありません。また、「石けんが一番害がない!」とお考えの方も多いようですが、その石けんでも洗浄力が強いものがあるので注意が必要です。

「石けんひとつでキレイになれる!」かのような広告も多く見られます。まさに「石けん幻想」です!何歳になっても美しい女優さんが、何かひとつかふたつの化粧品アイテムでその美しさを維持している・・・と思えますか?

わたしにはそうは思えません。石けんだけで「美しい肌」を作り上げることができるなら、誰も苦労はしないのです。

さて・・・洗浄力の強いアイテムだけで、毎日繰り返し洗顔をしているとどうなるでしょう?そうです、確実に肌は傷んでゆきます。

そうなりますと、そのあとに続くお手入れも無駄になってしまいますし、ファンデーションの崩れにまで関係してきますから、たまったものではありません!

毎日の洗顔→メイクの仕上がりや崩れに直接的に影響を与える というところが、皆様に一番お伝えしたいことです。

日ごろ何気なく行っている洗顔が、これほどデリケートで化粧において大切な意味をもっているのだということを知っていただきたかったのです!

「徹底的に汚れを落とす」ことが好きな方で、トラブル肌・乾燥肌・老化肌・すぐ崩れるメイクがとても多いのは、こうした理由によるものです。「洗浄力」の強すぎるオイルクレンジングなどの洗顔アイテムを使用していては、永久に美しくなれません。あなたも同じ過ちを犯していませんか?

さて、「洗顔剤」といいますと、「石けん」とか「洗顔クリーム」がまず頭に浮かぶと思いますが、「クレンジング剤」が最初です。帰宅したらいきなり洗顔!ではなく、最初に「クレンジング」でメイクを落とすが美肌の第一歩です。

「汚れ」というのは、ご存知のように「油」です。ファンデーション等々は通常油性の処方でつくられます。「油は油でおとす」という言葉があるように、無理なく毛穴の汚れまで、油溶成分で取り込むのがクレンジングの役目です。

ただし!その「使用感」が問題なんです。オイルクレンジングはベタつくものですから、思わず「サラリとしたタイプ」を使ったりします。これがクセ者!というか、これが「トラブル肌を悪化させる要因」と言えるでしょう。

サラリとした使用感にするのは簡単。「乳化剤」を多く配合すればいいわけです。「乳化剤(=合成界面活性剤)」をたくさん配合した化粧品を長年使用していて、「美しい肌」になった方などまずいません。

「それじゃ、クレンジングを使わないほうがいいじゃない!」

さあ、それはどうでしょうか?クレンジングを使用しないということは、「洗顔クリーム」や「石けん」だけで汚れを落とすことになります。ところがクレンジングを使用していない分、洗顔する時に余計な力が入ったり洗顔の回数が多くなります。

そうなると、皮脂の分泌を促すこととなり、皮ふのバランスが崩れます。そして、トラブル&乾燥肌はいつまで経っても改善してゆかないのです。だから必ず!「肌に優しい水系のクレンジング」で汚れをやさしく浮き上がらせて取り除くことが、まず大事なんです。あなたは洗顔クリームや石けんだけの「簡単洗顔」をしていませんか?クレンジングだけでは汚れを完全に清浄できないので、「美しい肌」を作り上げることはできません。

 

当社が開発したマイナスイオン水をベースにした清浄洗顔3品セット

美しい肌へと導き続けて来た「清浄洗顔」という洗顔法があります。

先ず、帰宅したら「クレンジングでメイク落とし」をおこないます。次に、「泡洗顔で汚れ落とし」です。そして「洗顔」をして、もう1回「肌素水」を使い、気になる毛穴汚れと馴染ませ、皮脂汚れや化粧カスをマイナスイオン水(肌素水)で浮かせて洗いながす、という使い方です。肌素水は汚れを落とす前後に使うのが有効的。

「清浄の完全さ」を求める時、クレンジングや洗顔の洗浄力を上げるのではなく、3種類の洗顔アイテムの中で、「肌素水」を、鼻の頭や毛穴の気になる所にミストして優しく毛穴に指先で馴染ませて、洗い流す使い方がとても有効なんです。

もちろんこの場合、洗った後には間を空けずに「化粧水」ですが、化粧水内容が優れたものでなければ元も子もありません。

これが「清浄洗顔法」と呼ぶ、肌に一番理想的な洗顔法です。

この理想的な「清浄洗顔」を毎日自宅で続けていったら、「老化」のスピードをゆるやかにすることにつながってゆくことでしょう。

そのためにも7つの原料、無添加の「清浄洗顔3品セット」をぜひおすすめします

クレンジングの使用目的は洗顔の前に落ちにくい油性の汚れであるメイクを落とすのが目的です。

お肌に負担をかけずにメイク等の汚れをスムーズに洗い落とす水タイプのクレンジング。ベタつき、油膜感ゼロ!いやな臭いもなく濡れた手や顔にも馴染みがよく、バスタイムにもお気軽にお使いいただけます。化粧品を正しく使うとは、一日の汚れや、化粧を完全に落とすということを含みます。メイクをしていない方はクレンジングを使用される必要はありません。化粧品や脂、ほこりで窒息状態だった肌が思う存分呼吸できるように、その日の汚れや化粧品を完全に落とす事が基本。毛穴や肌の凹部分にファンデーションの顔料や色素、鉱物油が残ると、酸化して吹き出物の原因になってしまいますし、洗顔後の保湿も水分が浸透しにくくなります。汚れや油分が残ったままの状態を続けて毎日積み重なると毛穴や表皮に残存したメイクの汚れ等、炎症の原因や新陳代謝が低下し、皮膚の再生も低下しニキビやシミの原因になります。すべてのお手入れの効果を最大限に発揮させるその第一歩は、まさにクレンジングにあり!

悪いことは言いません。真剣に美肌を目指すのであれば、この「最良質のクレンジング」をお薦めします。

成分表:水、DPG、ラウリル酸ポリグリセリル-5、ラウリル酸ポリグリセリル-10、スクワラン、BG,カニナバラ果実エキス、ローズマリーエキス、カミツレエキス、グリチルリチン酸2K、クエン酸キサンタンガム、フェノキシエタノール

アイメイクもベースメイクもこれ1本でするんっと落ちます

フェイシャルクレンジングは「イオン水」をベースに植物由来の原料を用いた、お肌に優しいクレンジングです。滑らかで肌に負担をかけません。しっかりメイクも毛穴の汚れもみるみる浮き上がらせ、すすぎもスピーディーでさっぱりスッキリ洗い流します。たっぷりの保湿成分のモイスチャーベースですから洗い上がりは驚くほどのみずみずしさ。メイク落としの後は、W洗顔不要です。手や髪が濡れていてもお使いいただけます。

純度の高いスクワランオイル(エモリエント成分)を使用

精製度の高い天然スクワランオイルを使用しています。オイルと思えないようなさらりとした感触で、ベタつかず肌にスッと素早く馴染み、その品質の高さを実感していただけます。

テキスト ボックス: コットンに適量とって肌にのせて少しおき、馴染んできたかな〜で上から下へスルッと落とす。残りはコットンの裏側で拭き取ります。 イオン水ベースのさらさらクレンジング。マツエク派にもマスカラ派にも喜ばれています。

◆アイメイク落とし

指先をすべらすように優しくメイクを落とします。ウォータープルーフ系のアイメイクは、クレンジングをコットンにたっぷり浸して、20〜30秒おいてから優しくふき取ります。(目に入らないよう注意してください)

◆ベースメイク落とし

テキスト ボックス: マスカラもアイシャドウも綺麗にとれました。 使用方法 軽く振ってから、適量を手の平にとり、指先で軽く円を描くようにメイクになじませます。小鼻のまわりや唇など、細かい部分にもやさしくていねいに。

 

 

ご使用前に軽く振ってください。

適量(スプーン小さじ一杯程度)を手に乗せて、ハンドプレスするようにしてお肌に軽く馴染ませます。

ギシゴシする必要はありません。お肌に滑らすように、指先でゆっくりとメイクを落とします。その後よく洗い流してください。

 

イオンフレッシュシリーズは、洗浄能力のまろやかなクレンジング。顔フォームは、角質をがれやすくする石油系界面活性を使用していません。への優しさに特化したダブル顔法です。古い角質も、新しい角質も大切に自然にがれ落ちるまろやかない心地で角質も大切にするところに、イオンフレッシュシリーズの顔の良さ があります。ここに“肌が育つ”秘密があります。

洗顔の目的は大きく3つに分かれます

※クレンジング料の油分やお肌に悪い界面活性剤・メイクなど、あと残り感を落とすこと。

※お肌のアカ「古い角質」や毛穴の汚れ、余分な油分・汚れを落とすこと。

※汗やホコリなど皮膚の表面についた汚れを落とすこと。

これらの皮膚の汚れをしっかり落とすことで、お肌のターンオーバーを促し、肌トラブルを防ぎ、その後のスキンケア用品・美容液などの浸透をよくする働きがあります。しっかりと落とされることで肌が整えられるため「美肌」につながるのです。しかし「しっかり」というのは「ごしごし」や一日に何度も洗うということではありません。落としすぎることで本来、皮膚の上にあるべき「適度な水分」「適度な脂質」を洗い流してしまい「天然の保湿剤」を失ってしまうからです。必要以上の刺激はかえって肌トラブルの原因やダメージの原因となります。

洗顔の留意事項:洗顔は、洗顔料・・・例えば石鹸やフォームで洗うのではない、基本は泡で洗うだという事をご理解ください。ポンプを押すと細かくクリーミーな泡が出てきます。弾力があり、豊潤な泡です。この弾力のある泡が、汚れを吸着し清潔でピュアな肌へと導きます。夜はクレンジングの後に1回〜2回、朝は洗顔の時に軽く一回・・・。

●泡をのせる時間を15秒くらいが目安。

●肌をゴシゴシこすらないように泡で優しく包み込むようにのせる感じで洗います。古い角質を軽く洗顔するだけで自ら剥がれて洗い流されます。無理矢理角質を剥がすような洗顔はいけません。

●充分にすすぎを行い、洗顔料がお肌に残らないようにしましょう。もう良いと思ってももう一度という感じです。

●タオルで水分をふき取ります。この時もこすらないように優しく押し付けるようにします。タオルを顔にあてるだけで自然に水分を吸収してくれます。

 

※「洗顔をきちんとできていない人は、キレイになることを自ら放棄しているようなもの」です。クレンジングや洗顔の目的がわかっていただければ「何となく」何度か洗ったり、メイクをしていないのにクレンジングをする事は不要な事だと解っていただけるかと思います。汚れを落とす目的をご理解の上、時にはクレンジングのみ、時には洗顔料のみでも充分に落としたい汚れを落とせるのです。

そしてケースに応じて部分的にダブル洗顔しても良いでしょう。女性の肌はデリケートです。洗いすぎることによる肌本来が持つ保湿成分を失ったり、かえって肌を傷つけたりすることでのトラブルには要注意です。

「梅雨時の洗顔編」

気温・湿度が高まる梅雨時の洗顔は、お肌にも梅雨特有のストレスが降りかかっています。梅雨のお手入れの第一歩は正しい洗顔です!皮脂や汗の分泌が増す梅雨は、まずお肌を清潔に保つことなのですが・・・肌を清潔に、べたつきをすっきりさせようと、洗い過ぎていませんか?実は洗いすぎると・・・

○皮脂やセラミド・天然保湿因子を必要以上に洗い流してしまい、肌の乾燥を進める。

○不足した潤いを補おうと、皮脂分泌が過剰になりべたつきを増す。

○皮膚が厚くなり、毛穴のつまりやにきび、炎症のあるトラブルなどに発展などのマイナス要因が増えてしまうのです。

あなたは間違った洗顔をしていませんか?チェックしてみてくださいね(*^^*)

・一日に何度も洗う ・洗浄力の強い洗顔料を使用する ・35℃以上のお湯で洗う ・30秒以上かけて洗顔する

正しい洗顔ルールを守りましょう。表面のベタつきをなくし、内部を乾燥させない洗顔ルールをご紹介します♪

・ソープ洗顔は1日1回が基本。 ・Tゾーンのベタつきが強い時は、その部分だけ朝もソープ洗顔をする。ただし、泡をのせたら、すぐに洗い流すくらいの軽めの洗顔を心がける。 ・メレンゲ状の美泡をたっぷり作り、擦らずに、そっとそっと優しく洗う。 ・32度以下のお湯または水で洗い流す。 ・泡をのせてから洗い流すまで、30秒以上かけない。

 

べたつきやすい季節は、つい洗顔に力を入れすぎてしまいます。お肌のための正しい洗顔ルールを守りましょう♪

※皮脂を取り過ぎない洗顔と、洗顔の後は間をあけずに「保湿を重視したスキンケア」を忘れずに!

成分表:水、グリセリン、コカミドDEA、(C12-15)パレス-3硫酸Na、DPG、ココイルグルタミン酸TEA、ペンチレングリコール、ココベタイン、ココイルグルタミン酸K、ココイルグルタミン酸Na、グリチルリチン酸2K、アラントイン、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

どんなに細かな泡でも毛穴の中まで泡は入り込めません。《泡=小さなシャボン玉》

通常の洗顔料では毛穴の皮脂や汚れはなかなかとれない!お肌に負担をかける事無く、肌素水のその優れた洗浄効果が今話題になっています。黒ずみの原因となるプラスイオンを帯びた汚れや皮脂詰まりを吸着、剥離、洗浄する効果があります。この汚れを引き離す剥離効果を利用したのが泡洗顔だけではとれにくい毛穴洗浄。

どんなに細かな泡でも毛穴の中まで泡は入り込めません。

毛穴に皮脂が詰まって起こる様々な症状、毛穴の開き、炎症、開きっぱなしの毛穴など、洗顔フォームで洗浄後、肌素水を優しく馴染ませるだけで毛穴の汚れは気持ちよく浮き上がって毛穴の奥に詰まった酸化した皮脂汚れや古い角質を肌素水で吸着洗浄。肌素水はマイナスイオンで「汚れ」を吸着するという、不思議な力があります。毛穴に詰まった皮脂、ファンデーションなどの化粧カス、ほこり等々、そして垢や洗顔後、お肌に残った目に見えない洗顔料も一掃。お肌に負担をかける事無く、優れた洗浄効果が今話題になっています。

燥肌の改善策は・・・角質層の水分を守るポイント「正しい洗顔」と汚れ落としのポイント

超乾燥肌あるいは慢性的な乾燥肌というのは、角質層が水分を十分に保てない状態であり、それを改善するためには単に何か高保湿成分を塗れば良いというものでもない。

角質層の水分を保つためのポイントとしては、「皮脂膜」「細胞間脂質」「NMF(天然保湿因子)」「正しい洗顔」「適正な新陳代謝」「紫外線防止」・・・などがあげられる。

ひどい乾燥肌で悩んでいる方は、これらの要素が複合的に関係しているために角質層が十分な保水機能を果たさなくなっているのであって、乾燥肌を改善しようとするには、お手入れの方法や使用するスキンケア化粧品のタイプなども含めて考え直す必要がある。

そこで、乾燥肌を改善するための方法として、主に角質層の水分を守るポイントとして「正しい洗顔」をテーマとします。

 

寝ている間の汗や皮脂汚れを落とすだけなら、ミストを使った洗顔で十分です。すすぎは1〜2度でOKなので、顔をこする回数が確実に減ります。忙しい朝に嬉しい時短洗顔です。

洗浄・保湿・保護 “乾かない角質”ケアで柔肌になったお肌は毛穴が詰まりにくくなり、古い角質や角栓は自然に肌から剥がれ、寿命がくると自ら肌から離れていく機能を備えています。柔肌ケアで、自然に排出しやすい状態にするのが大事。

クルクル馴染ませることで乳化されて汚れを浮き上がらせ取り除きします。肌表面に浮き上がった汚れを拭き取るか洗い流すことでクリアな肌へ導きます。汚れをしっかり落として化粧水、美容液の浸透を促すだけでなく、拭き取った後にうるおいのベールを作ります。

 

一般的にいを守ろうとする場合、化水・液・美容液・クリームなど、皮膚るスキンケアをイメージしてしまいます。

もちろん、こういったスキンケアを行うことで、皮脂膜や細質やNMF成分の不足を補うことは、角質層の水分を保つためにはたいへん重要です。

でも、ここでもうひとつ考えないといけないのは、角質層の「水分を保とうとする力湿機能」を健全に保つということです。

そして、そのキーポイントは毎日の顔(クレンジングも含む)です。

乾燥から守るためには、まずは正しい顔を行うことが大切です。

実は、った顔によって、角質層の保湿機能を損傷し、肌乾燥の大きな原因となっていることも多いからです。

顔は、皮膚表面に付着した様々なれをきれいに取り除くために行います。

れというのは、皮脂、空気中のチリ・ホコリ、雑、排気ガス、メイクアップなど、実に様々です。

を健やかに保つためにまず必要なことは、こういった皮膚の付着物質を取り除き、皮膚に与える激を極力少なくすることです。

ですから、毎日のクレンジングや顔が重要になるわけですが、このときに、洗浄力が強すぎる料を使用したり、強くこすような顔を行ったりすると、の保湿機能やバリア機能を低下させてしまう可能性があります。

何しろ、の保湿機能・バリア機能を支えているのは、わずか0.02ミリほどの角質層です。

を強くこすったり、洗浄力の強いを使用したりすると、れを取り除く過程において、この角質層の層構造を傷付け、必要な皮脂や細質・NMF成分、あるいはまだにとどまっておくべき角質細までをってしまいます。

そして、こういったった顔方法を続けると、角質層の保湿機能・バリア機能そのものが低下し、性的乾燥状態になってしまいます。

また、外部の激に対しても感になり、トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

 

クレンジングについてはれを落とすだけだからと、あまり深く考えずに商品を選ばれているケースがありますが、実はクレンジングこそよくよく味して選ばないといけません。

に対してマイルドで、なおかつれもきちんと落とすというクレンジングを選ぶ必要があるのです。

ただ、困ったことに、れを落とす力が強いものは、作用の強い洗浄成分(界面活性)が使用されていることが多く、逆にに対してマイルドな洗浄剤の場合は、れを落とす力が弱く、また、それでもれをきれいに落とそうとすると、をついつい強くってしまいに悪影響を与えてしまうということがあります。

それでは、どのようなクレンジングが良いのかということになるのですが、市場には様々なタイプの商品があって、一概にこれが良いとはなかなか言いにくいのですが・・・。

ただ、ひとつ言えるのは、クレンジングにも通常の顔にもこれひとつで大夫というタイプのものはあまりおすすめできないように思います。

この場合、メイクアップなども含めて油性のれも一緒に取り去ろうというわけですから、かなり作用の強い顔成分(界面活性)が使用されている可能性が高いからです。

なるべくならば、面倒かもしれませんが、メイクアップなど油性のれを落とすクレンジングその他のれを落とすは別のものが良いように思います。

メイクアップなどの油れは、への激が少なく、なおかつ水とも染みやすいクレンジング取り込み、それをい流す。

そして、その後に、残ったわずかな油分やその他のれをを使ってい流します。メイクアップをしてない場合は、のみでれをい流します。このような、クレンジングと顔と使い分けたステップの使い方が、を強くることもなく、れをきれいに取り除くことができますので、おすすめです。

次に、顔の方法についてですが、顔は、激を与えず、角質層の層構造も損傷せずに、なおかつれをきれいに落とさなければなりません。

基本的には、を強くらずに、れをきちんと落とすということを考えないといけません。

クレンジングの場合はあまりに少ない量でれを落とそうとすると、を傷付ける可能性がありますので、使用量には注意が必要です。

メイクアップに十分に染ませることができる量のクレンジングを使うこが重要ですし、やさしく、決してこすらずに、クレンジングとメイクアップを染ませます。

メイクアップを取り込んだクレンジングは、一きれいにい流します。この場合、水でい流せるクレンジングが、を傷付ける可能性が少ないので良いと思います。

クレンジングの後は、クレンジングの油分がまだに若干残っていますので、でさらに流します。

 

 

激を与えずにれをい流すには、を手のひらで十分に立てたうえで使用することが大切です。この場合も、決してこすらずに、やさしくみ込むようにいます。

それから、すすぎは特に丁に行ってください。本来、クレンジングも、表面に残存しないことを前提に造られていますので、すすぎは十分に行うことはたいへん重要です。

顔後のふき取りにも注意しましょう。らかめのタオル等にて優しくえるように、お顔の水分をき取ってください。決して強くこすらないように、き取りましょう!

しつこいれ落としのスペシャルケアには素水のご活用をおめします。詳しくは下記ホームページご参照ください。

に付着したこれらのプラスに帯電したしつこいれは一般的なクレンジングや石顔フォームなどの顔料ではなかなか落とすことができません部分、特に毛れまではきれいに取れません。

素水はそんな毛や角質にこびりついた部分の毛れをみ込んでれを落とします。また、皮膚に負担をかけたり激を与えることがありません。

クレンジングや顔フォームはイオン水ベースと植物系洗浄剤でお作りしており、豊かできめ細かなでおを優しくつつみこみながら、 植物系顔成分でれをきれいにい流します。

角質層を必要以上に傷付けることなく、表面のれのみを優しくい流します。

顔によるへの激や、の保湿機能・バリア機能の低下を 極力防ぐように設計された顔フォームやクレンジングです。

クレンジングや顔フォームでれを落とし水でった後、はそれだけでは、石カスでがっちりコーティングされて石けんカスやたあとの電気的にくっついた洗浄成分を落とすことはできません。

最後の仕上げとして「素水」でマイナスイオン水(素水)の力で目には見えない洗浄成分を上がらせて落とすのがご使用のポイントです。

クレンジング、顔フォームは洗浄力が控えめで皮膚刺激が少なく、優しい洗浄性を持つ植物系の洗浄剤でお作りしています。

植物系(アミノ酸系)の洗浄剤は石油系に比してに優しい面を持ち、コストもかかる成分なのです。

様々な洗浄成分の注意すべきは、化落としの段階において、れは落ちますが洗浄成分が電気的にくっついてに残してしまっている場合も多いことです。

また、洗浄剤はどうしてもっても電気的ににくっついて残るという性質があります。

洗浄する時の優しさの処方は価値あることですが、に残ると顔のは傷みが多いだけに角質のれが少しずつ促進されていくのです。

が育つベース作りには、電気的にくっついた洗浄剤をやはり完全にい流してしまいたいものです。通常の水でだけではい流されず、様々なれ(化粧汚れ等)とくっついた後の余った余力(洗浄剤は、まず角質をいでいる細質(セラミド等)に電気的にピッタリとくっつきます。

 

に残るとまだ働き続ける結果、角質のはがれをはやめることになり、のターンオーバーのリズムわせていく可能性があります。

このことが良くないのです。

顔は毎日のことですから。としては、タオルでゴシゴシわれることも角質をがす要因にもなります。水道水と石ったあと、皮膚が水をはじいていることに気づいていますか? これはに石カスが付着している証拠。水道水でうと、私たちのはそれだけで、石カスでがっちりコーティングされてしまうのです。すべてのトラブルの原因が石カスにあるとは言えませんが、それでも石カスのせいで、乾燥たり、アレルギーが悪化したり、頭の状態が悪くなったりしている人は少なくありません。

水道水を使ったとき=肌は石カスでわれている 素水を使ったとき=肌はまっさらの素になっている

このため、素水を使うと、水道水を使っているときよりも乾燥えられたり、みがえられたりするのです。がコーティングされていませんから、素水を使うと、有効な成分を取り入れやすくもなります。素水のこの利点を生かして、自分のが必要としている有効な成分を、に与えてあげることもできるわけです。

素水に切り替えて一か月ほど経つと、はほんとうの意味で素になりますから、乾燥肌の方等々、直ぐに化水をつけることで保湿すればよいわけです。

洗浄剤洗浄に使用する場合、もっとも配慮しなければいけないことは、「洗浄力が残るか残らないか」と言うことです。

使用した時に一時的な激等は少ない方がよいのはもちろんですが、が育つ観点で言うと、終わったあと、つまりすすぎ終わったあと、に石けんカスや洗浄剤が残り、洗浄力が消えずに働き続けることを避けることが、もっとも大切なのです。

様々なれ(化粧汚れ、皮脂汚れ等)とくっついた後の余った余力(洗浄剤)は、まず角質をいでいる細質(セラミド等)に電気的ピッタリとくっつくという性質があります。ピッタリとにくっついた洗浄剤は、次の顔までしっかりと働き続けます。それ以外のれは、どすすぐことでい流されていきます。

セラミド等にくっついた手(親油基)の作用は、界面活性浸透作用といわれるもので、セラミド等の質を食していきます。これが角質のはがれを促進する力として働きます。一方の手(親水基)は顔時の水分とくっつき顔後のをしっとりとさせます。これが洗浄剤の保湿作用です。

 

洗浄時のマイルドさに優れていますが、一日という長い視点で見ると、角質のはがれを促進しているものに他なりません。これではさらに長い視点で見るべきの育つベースがされていることになります。

本来、何も洗浄剤と保湿成分を配合しての保湿をする必要はないのですが・・・。つっぱり感など、乾燥によるの違和感を感じる段階のは、直ぐに化水をつけることで保湿すればよいわけです。れは帯電したたくさんのの集合体。

素水」のマイナスの電子が細かい水分子に運ばれ、帯電した付着物に入り込んでいきます。そしてれを引きつけ、取り囲み、き上がらせてがれます。

その後いながします。拡大しなければわからないような小さなれまできれいに取ることができるのです。マイナスイオン水がれや洗浄剤を取り囲んで、れのプラスイオンを収します。

れや洗浄成分が同じマイナスイオンになると、れと物体が反発して離、分します。

このような原理を利用してお作りしたのが「素水」です。ですから、れ落としの際はクレンジング顔フォーム最後に「素水」の順番でご使用になるのが正しい順番です。

電気的にくっついた洗浄成分を完全に安全に優しく落とす事のできるのはマイナスイオン水ならではの役割なのです。

詳しくは下記WEBサイトをご参照ください。

使い方いろいろ「素水」のサイトは http://www.aquabeautylabo.com/shop/

イオンフレッシュシリーズのクレンジングと顔フォームとのダブル顔をおすすめしていますが、いつもダブル顔が良いわけではありません。

が過になっていることもあるからです。

が過な時は、洗浄剤本来の性質である弱いアルカリ性に反応することがあります。このような時は、顔料を使わないクレンジングすすぎだけのスタイルが、に優しく、の育ちを応援する顔法となります。

クレンジング後、ぬめり感が残る時。これをさっぱりさせるためには、顔料による仕上げ顔が必要です。しかし、が過な時はアルカリ激を持つ顔料による仕上げ顔は中止です。

また、をされてない方はクレンジングの使用は必要ございません。

このように、顔レベルを調整しながら、の安定、“肌の育ち度を高めていきましょう。

 

美容院に出かけた日、朝忙しかったので、洗顔後いつもの基礎手入れのみで、メイクをせずにすっぴんのままでかけました。お食事の時、口紅は取れるので・・・と眉だけ画いて出かけました。どうせ真っ直ぐ車で帰宅するのだし・・・。(何たる無精でしょう、すみません。)

美容院の女性から終了後突然、“お客様はお肌(顔の事)がとてもお綺麗ですけど、特に何かお手入れなさっていらっしゃいますか?”と聞かれました。皮膚の手入れ、プロの方の言葉です!!

私はちょっと恥ずかしくもあり“ある化粧品のみ使い不器用なのでマッサージなどした事がないのです”と答えました。“間違ったマッサージをなさるより基礎のお手入れが大切ですよね”・・・だそうです♪

お蔭さまです!!有り難うございます。今後も宜しくご指導くださいませ。世の中あまり明るいニュースが少ない昨今、身近に小さくてもプロの方の言葉、わたしにとって嬉しいニュースでしたので、ご報告させていただきました。それにしても・・・う〜ん・・・自覚してなかったー!

イオンクレンジングは水みたいに軽いんです。ヌルヌルした感じがないトロミのある化粧水のような質感です。肌に負担はかけたくない、そんな方にオススメなのがマイナスイオンのお水をベースにしてつくったフェイシャルクレンジング。イオン水の力で肌に負担をかけず、スッキリとメイクを落としてくれます。少しとろみがあり、みずみずしいクレンジングです。クレンジングを顔に塗ってるときに垂れてこない。まるで美容液と化粧水をミックスしたような感じ。洗い流した後も、べたつかないし、かさつかない。ゴシゴシやらなくてもメイクを浮かすように落としてくれるので、お肌に負担がかからなくて洗いあがりもオイルとは違い、ベタベタ感が0です。ですのでヌルヌルしないのでW洗顔不要。洗顔料の後残り感が気になる方は肌素水をスプレーして軽く馴染ませた後、水で洗い流してください。

このフェイシャルクレンジング、ローションみたいにさらさら、脂性肌の方でも、オイルクレンジングはつっぱるし、クリームタイプはべたつくしで、お悩みの方にはおすすめです。

 

クレンジングとは思えないテクスチャー

通常のメイク落としは、こってりしたクリームやオイルのイメージが強いですが、オイルは、いかにも「オイル」って感じで、手がぬるぬるしますが、これはさらっとした手触りで、特に手を洗わなくてもいいくらい、気になりません。

従来のクリームタイプは、すすぎにずいぶんと時間がかかって、たぶん3分くらいかかると思います。フェイシャルクレンジングは、1分そこらでスッキリさっぱり。決してこする必要はありません!ゴシゴシしなくても、しっかり落ちます。石油系界面活性剤、香料、着色料が使用されてないのでサラッと軽い使い心地。しっかり落ちるのに肌への負担が少ない。軽さ、メイクを落とす速さ、肌への負担のなさが特徴です。

また、クレンジングの前後にイオンミスト(肌素水)を使用すれば最強なんじゃないでしょうか。

肌の弱い人、めんどくさがりな人には本当お勧めしたい一品クレンジングがとっても気に入りました。

思えばこの化粧品と出会ったのは冬のまっただ中で、いつもなら乾燥でヒリヒリしていた頃です。特に唇・・・、この洗顔3品セットを頼む時も迷いました。それまで使っていた化粧品より高かったので・・・。それに私、クレンジングをしたり、ミスト化粧水を使うのには抵抗があったんです。何か肌を傷つけそうで・・・。でも使ってびっくりしました!それまで乾燥でヒリヒリしてたのが、洗顔だけで乾燥が・・・。特に肌素水は本当にすぐれものです!

(静岡県 T.I様 45歳)

清浄洗顔3品セット、なかなか良い感じです。「しっかりとメイクを落としている」という安心感がありメイク落しが楽しみになってきました。

●突っ張りはなし! 強くこする必要がないから、つっぱったりしません。

●肌への負担なし! 強くこする必要がないから、敏感な目の周りの皮膚を傷めることもありません。

●落ちはばっちり! まつ毛のキワのアイラインもすっきり落ちます。タオルが黒くなることもありません!

力を入れず、ゆったりとした気持ちで洗顔した後は気分爽快、リフレッシュ効果もバッチリですね。これからの強い見方になってくれそうな3品です。

(名古屋市=A.K様・51歳)

 

 

洗顔セット初めて使ったとき、ちょっと感動しました。クレンジングをし、ふきとり、そして顔を洗った時の感触。なんか肌が違う!って感じました。ぷるぷるって感じでしょうか。説明を読んだとき、正直3つも使うの?面倒だなと思いました。けれど、毎度ながら使ってみるといいなーと思うのです。

(埼玉県=K.Y様・38歳)

早速洗顔してみました。今までとなんか違うことが一度ではっきりわかったので本当に驚きました。今まで高価なものや本当に通販などで、どの商品が私に合うのだろうと、ああれやこれや悩んでいたのが馬鹿みたいです。ファンデーションも使用感が本当に良かったです。

(岐阜県=Y.T様・45歳)

清浄洗顔セットをするようになって、2ケ月あまり過ぎましたが、昨年までは、春先の肌の不安定な状態が、今年はなかったのが驚きでした!

(静岡県=K.O様・38歳)

おかげさまで洗浄3品セットを使わせて頂いて丁度1ケ月になりますが、予想以上に肌の状態が良くなってビックリしています。10代の頃からずーっと私を悩ませてきた顔中のニキビが減ってきたのです!クリームタイプのクレンジングを使っていたのですが、抵抗がありました。ニキビにはジェルが良いと皮膚科の先生に勧められていたので、使い始めは悪化するのではと不安だったのに、今では一皮むけたように肌がつるんとしています。まだニキビは時々出来るけど、すぐなくなりました。いままで皮膚科やエステサロンにかけてきたお金はなんだったんだろう・・・。もっと早く出会いたかったです。これからもよろしくお願いします。

(岐阜県=Y.Y様・55歳)

良いクレンジングを探していて出会いました。今まで洗い流すジェルタイプを長く使ってきたので、はじめは戸惑いましたが、すぐにそれはさっぱりした保湿感だと分かりました。お化粧を落とした後の肌がなぜか落とす前よりキレイで、触った時のプルプル感も気に入ってます。このあとお手入れは不要なのでは?と思うくらいです。

(岐阜県=M.T様・35歳)

今回お手入れ方法について、見直すことができて大変勉強になりました。今まで、コットンを使いクレンジングをしているつもりでしたが、全然出来ていなかったことがわかりました。今迄、擦り過ぎ、力の入れ過ぎで丁寧に撫で回すと捉えていたため失敗していました。説明書を読んで、優しく優しくっていう意味がピンときました。

 

メラニンを作ってしまう原因といいますのが、関節(肘や膝)が黒いように摩擦による刺激・・・等々なのです。ですから、スキンケアでも刺激を与えてメラニンを作ってしまわないよう、気をつけないといけないのです。なんだぁ〜、もっと早くわかっていたら・・・と少し後悔していますが、これからは指に力を入れず、優しくお肌にできる限り負担をかけないということを気をつけて、お手入れしていきたいと思います。

(鹿児島県=M.A様・38歳)

洗顔セットを使ってみて、今までのトラブルの大半は洗顔にあったんだと改めて感じました。他社のクレンジングジェルと洗顔石鹸の使用をやめた所、毛穴の開きが少し改善され乾燥からくる小さなブツブツがなくなりました。洗顔セットを使い続けてみようと思います。

(埼玉県=I.H様・39歳)

お湯と水どちらで洗う?

お湯でも水でもどちらにも効果があります。お湯は温かいので毛穴を広げ汚れを取り除きやすくします。また、水は冷たいものなら肌を引き締める効果があります。石鹸などを一度お湯で落として、もう一度冷たい水で洗顔すると効果的です。温かいものから冷たいものに変化することで肌に刺激を与えることができ、肌の再生を促進することができます。

洗顔の時間帯は?

朝は出勤するまでのいつでもよいでしょう。急いで洗顔しても水滴はしっかりと拭き取ってください。濡れたままの肌は汚れを吸収しやすいです。お仕事が忙しい人には無理かもしれませんが、夜は出来るだけ22時前までに洗顔を済ませたほうが良いです。人間の肌は、22時から2時までの間は再生(肌再生のゴールデンタイム)、回復の時間帯です。その時間帯の前には肌の汚れを取り除き、再生、回復しやすいような状況を整えておきましょう。

オイルクレンジングが嫌われる理由は?

理由は、「界面活性剤」の使用です。オイルクレンジングには界面活性剤が多く含まれています。界面活性剤は水と油を交わりやすくするためのものなのですが、お肌にとっては刺激が強すぎる場合があります。食器用の洗剤にも含まれているように強い汚れを落とすためには重宝されますが、お肌の場合、正常な肌の細胞間脂質をも乳化させ、脂質をも剥ぎ取ってしまうので嫌われる傾向があります。

脂性肌で悩んでいますが洗いすぎは良くないようですが?

洗顔は基本的に朝と夜の2回が基本です。洗い過ぎが良くないといわれる理由は、顔から油分がなくなると、体が自動的に顔に油分を送るように調整するからです。

 

一日に何度も洗顔すると、体の調整機能が油分を何度も送るものだと誤認し、肌の油分が適切な状態からくるい始めます。しかし、埃が舞っている現場で働いている人や、汗をかいてべたついている人が、お肌を放置しておくのもよくありません。こういう場合は、洗顔石鹸の使用を控え、水のみで丁寧に洗顔することをお勧めします。

ケミカル・ピーリングって?

肌の角質などを酸で溶かし、再生を促す新医療技術ということで、美白効果やシワ、にきびやにきび跡をとると、美容整形やエステティックサロンで広まってきていますが、トラブルや副作用はないのでしょうか?

●フルーツ酸で皮膚の表面を溶かすというのは?

肌のしくみ・美しい肌を保つ為に、角質も決して余分なものでもないのですが、皮膚の一番、表面にあり、水分を吸収し易い性質により、垢すりエステの効果に利用されます。ポロポロと落ち、垢抜けた様な気分にはさせてくれますものの、肌のためには良くないことは今まで紹介させて頂きました。

垢すりですら、炎症を起こしたり、気をつけないと黒ずみすら起こしかねません。シワやにきび跡ともなりますと真皮や皮下組織にまで作用させませんと、上記の様な効果は望めません。

健康できれいな肌とは縦横の溝が網目状に規則正しく走っているのに対し、荒れた肌は溝がなくなってしまっていたり、一方向にしか現れないという特色があります。それで、あくまでも序々にこの肌理(キメ)細やかな肌への回復という程度が目的ですが、これすらもある程度以上、繰り返すとキメを粗くしてしまうから要注意!

※掲載しておりますのは、あくまでお客様個人のご感想です。化粧品の効果・能力を保証するものではありません。

ページトップへ戻る

Copyright 2014 AQUABEAUTY LABO All Rights Reserved.