無添加化粧品・自然派化粧品 製造 販売 アクアビューティーラボ

 

使っている内に頭の調子が良くなるアミノ酸シャンプー

Q and A

Q1. トリートメント、コンディショナー、リンスは必要ないのですか?

Q2. 市販のシャンプーをつかったらがきしむのですがどうしてですか?

Q3. ぱさついてダメージヘアなのですがトリートメントがよいのですか?

Q4. 毎日ったほうがいですか?

Q5. 育毛に効果がありますか?

Q6. 石油系の界面活性で作られたシャンプーと何が違うのですか?

Q7. ダメージヘアの原因はなんですか?

Q8. 抜け毛がひどいのですが、使うと抜け毛は減りますか?

Q9. シャンプーの洗浄成分やコーティングについて教えて下さい?

Q10. アミノ酸系界面活性の特長は?

Q11. 値段が高いのはなぜですか?

Q12. 洗浄成分がアミノ酸系ということですがに優しいのですか?

Q13. は特に傷んでないのに、カラーやパーマでよく失敗します?

Q14. シャンプーをした後、の毛がくなり、ごわついて傷んだ感じになりましたが

Q15. シャンプーをした後、頭がかゆくなったり、フケ気になるのですが?

Q16. 育毛シャンプーと何が違いますか?

Q17. シャンプーづくりの条件は何を基本にして作られていますか?

Q18. とお微妙な関係

Q19. 何の香料が配合されていますか?

Q19. 実は貴女のおはもっと元気なのです!

・正しいシャンプー方法(実)

こだわりの美工房

アクアビューティーラボ

 

 Q and A

Q1. トリートメント、コンディショナー、リンスは必要ないのですか?

洗浄力が優しいため、や頭れを落としながら、必要以上にの成分を流出させません。がきしんだりすることがなく、の栄養となるタンパク質の成分をにくっつける効果があり、洗浄しながら、傷んだや頭々に修復することができますので、トリートメント、コンディショナー、リンスは不要です。

正常なの表面は頭から出た油分でわれていて、摩擦も少なく毛内部の水分発を防いで静電気も起きにくくなっています。しかし乾燥ると油が行き渡りにくく、摩擦が大きくなります。その結果、毛とブラシがれ合う摩擦によってキューティクルが損傷します。

Q2. 市販のシャンプーをつかったらがきしむのですがどうしてですか?

一般的な通のシャンプーは、石油系合成界面活性で強力な洗浄力がの内部のタンパク質までい流すのではスカスカ状態になります。

それを補うために化学的なシリコンオイル等のコーティングで表面をい、らかな仕上げ、きしみ感がありません。さらに激しいのがコンディショナーで、強力な化学成分でい、やかでらかなくし通りを実現しています。(だから、決して頭には付けないでください)アクアビューティーラボではこのような化学的な成分を一切配合していません。当社のシャンプーには余分なものはきれいに落とし、有効成分をの毛に浸透させるために、シリコンなどのコーティングを配合しておりません。

はじめの頃は、シリコンたっぷりのシャンプーやコンディショナーにれていた方は、使用感はイマイチ?とか、シャンプーを使いはじめた当初、がパサつくことがあります。初めて使った時、い上がりがゴワつきって感じです。

でも、これは一時的な現象で、それまで使っていたコーティングが段々い流され、これまでの強力な洗浄力のシャンプーで傷んだが本来の姿を現す過程で起こることがあります。使い始めは少し「きしみ」を感じることも。でも、それは使い続けるうちにやわらぎ、本来の美しさに向かい始めます。

少し『きしみ』を感じる...でもそれは健康なに向かう合図!

配合されている天然の毛保護成分、保湿成分などの有効成分がや地浸透し、使い続けるうちに、頭が健康な状態にもどり、にハリやコシが出てつややかでサラサラの美しい本来の健康なに戻ってきます。

◆3日以上使い続けてください!

日以上使い続けると、ゴワツキ、パサツキ感が無くなり、ノンリンスタイプのコンデショニング効果やアミノ酸が浸透していが出てきます。そして、サラサラのボリュウーム感のあるに変身します。

値段は少し高いかな?と感じられるかもしれませんが、使ってみると十分それだけの価値を実感いただけるはずです。ボトル一本使い切る頃には明らかな違いを実感いただけると思います。

ノンシリコンの生活にれると、これを使う日とコンディショナーのみの日を比べたら全然違う!と分かるようになります。

健康的なツヤのある、そして自然なボリューム感・・・このアミノ酸シャンプーを度使い始めると、他の商品は使えなくなります。・・・それだけアミノ酸シャンプーの良さを実感できるシャンプーなのです。

Q3. ぱさついてダメージヘアなのですがトリートメントがよいのですか?

には自回復能力はありません。ということを認識してください。人間の皮膚我をしたり切れて血がでても治りますが、の毛は毛になっても自分で治りません。

もともと細が生きていないのです。自力がないんです。なので考え方によってはどれだけ手当てをしても健康なの毛には戻らないのです。

ただし・・・健康な時のような囲気にはすることができます。

の毛の主成分であるケラチンがパーマやカラーなんかで流出してが弱ってしまった場合はケラチンを着させてあげると張りやコシが復活します。質が流出してパサつきがある場合は質や油分を補うことで指どおりもよくなりますし、しなやかになります。パーマやヘアカラーなどを行うとの毛がアルカリ性に傾いてしまい、ぱさつきやまとまりのないの毛になってしまいます。

そんなあなたには弱酸性で頭にもの毛にも優しいアミノ酸シャンプーを使用すればぱさついたの毛や痛んだ々に浸透し、補修してくれるという効果があります。

使っているうちにおの調子が良くなってきます。

の毛は、ケラチンといわれるタンパク質を主成分として構成されていますので、たんぱく質を多く含むアミノ酸シャンプーはに栄養を与えるシャンプーといえます。

本当に生き返らすことはできないですが、健康な時に近づけることはできるのです。が傷んでどうしようもない時のみ、やむおえず応急的にトーリートメントをご使用ください。

なので、トリートメントをする意味は確実にあるわけです。

ただし一般に売られているようなトリートメントは回シャンプーしてしまうとほとんど効果がなくなってしまう場合が多いので結局、毎日しないといけないのです。傷んでしまう前になるべく傷まないように予防することが大事なのです。

傷んだは、内部の間物質(血や肉)が減ってスカスカ状態といってもよいかとおもいますが、それをトリートメントなどで補(輸血)することしか方法がありません。

は一度傷んだら自然には戻りません。

ヘアケアで改善することはできますが、限度があります。の毛は、死んだ細です。皮膚ように自然治ることはありません。また、たんぱく質でできているために、と一緒で熱っすると固くなり、毛内部のタンパク質(アミノ酸)が固まり、水分の収ができなくなり、しなやかさもなくなったダメージ毛に、また、アルカリにも弱い性質があります。ヘアケアで一番大事なのは、まず、できるだけ傷めないこと。

現代人のはただでさえ傷みやすい上に、水道水の塩素もを傷める原因になります。毎日のブラッシング、ドライヤーの熱、洗浄力の強いシャンプー、コーティングの入ったシャンプー、外線などもすべてダメージの原因に。

健康なは傷めないように、傷んだはこれ以上傷まないように、洗浄力が優しいシャンプーに切り替えてください。

また、毛が大量にできたり、がふにゃふにゃになるなどの激しい傷みは、を守る キューティクルのダメージが激しいため、放っておくとどんどん栄養分が抜けて傷みが悪化します。状態によっては一度切ってからヘアケアするほうがよい場合もあります。

以上のように、ダメージは色々な原因がミックスされて起きることが多いのです。ぱさつき等、気になる方はアミノ酸シャンプー、トーリートメントとセットでご使用ください。

Q4. 毎日ったほうがいいですか?

はい、毎日っていただいてかまいません。石油系の界面活性やコーティング、合成香料無加でや頭に優しい処方ですので、と頭を時間がかかってもジワジワ健やかにしていくのが役目です。通常は一ヶ月ほどで質が変わるのを実感していただけます。

男性・女性はもちろん人それぞれ頭皮脂の量が異なっていますし、シャンプー一回の使用量もの量、頭れぐあいにあわせてご使用いただくことで清で健康な頭保てます。

や頭れ、毛根から分される皮脂汚れなど、皮脂が多く分されている頭を、長時間そのまままにしておくと雑の繁を促進し、繁した雑によって頭や毛根が炎症を起こし、フケかゆみ・抜け毛の原因となります。これを防ぐには、や頭れをしっかり、落とす毎日のケアが欠かせません。

 

Q5. 育毛に効果がありますか?

のお手入れと同様、にもおと同じくらいのケアをしてあげていただきたい。は、が生み出され、の成長が始まる場所。

その地は、顔のおと同じように、約28日サイクルで生まれ変わります。

ですが、ストレスをはじめとした様々な原因で、地のライフサイクルが乱れると、の美しさも根本から損なわれてしまいます。フケやかゆみ、炎症などのトラブルが起こりやすくなります。

そのままトラブルを放置してしまうと、の成長がげられ、毛の原因となる場合もあります。つまり、美の第一歩は、地のライフサイクルをととのえること。

当社の頭に優しい最高級のアクアモイストシャンプーは、地のライフサイクルをととのえ、健康にすることで、本来の持つ美しさを根本から引き出す手助けをします。

育毛を目的にはしていませんが、育毛を促進する有効成分を配合しておりますので育毛にはお役に立てるかと思います。育毛は頭の健康なしには語れません。頭の毛が正常でない限り元気なの毛は生えません。何よりも頭の健康を考えたらアミノ酸系の主成分であるシャンプーが一番です。

Q6. 石油系の界面活性で作られたシャンプーと何が違うのですか

石油系の界面活性の特は、洗浄力や浸透力が強く、の内部に入っても界面活性能力が失われませんので経皮吸収して体内に積され、環境ホルモンの危険性が指摘されています。また、の場合、通常、健康なの表面は頭からでた油分でわれていて、摩擦も少なく内部の水分発を防いで静電気も起きにくくなっています。しかし、乾燥すると油が行き渡りにくく、摩擦が大きくなります。その結果、毛とブラシがれ合う摩擦によって、キューティクルが損傷します。他にもヘアカラーや洗浄力の強いシャンプーで傷んだキューティクルの中にった間物質が出し、シャンプーでい流れ出ます。そうなるとの保湿部分がなくなってよりしっとり感が無くなって、の毛自体が弱くなって、そこから毛や切れ毛になってしまうのです。石油系のシャンプー(市販されている安価なもののほとんどがこれ)にコーティングが入っており、傷んだを急場でしのぐには便利ですが、本質的な美しいを作るにはかえって障害になっているという真実。美しいや健やかなな頭環境を保つためにも石油系界面活性のシャンプーは避け、アミノ酸シャンプーがおめです

Q7. ダメージヘアの原因はなんですか?

の傷みの最大の原因はやはり「パーマ」「毛染め」「石油系界面活性」!

ダメージヘアの原因

パーマ、茶(毛染め)

シャンプーやヘアケア製品などの有害物質の影響

ドライヤーの正しくない使い方によるダメージ

(外線)や乾燥

栄養不足・・・

物質的(、ブラシの種類正しくないブラッシング方法など)

・・・色々挙げられると思いますが。

 

の毛の毛に化学的に傷をつけるのは、「パーマ」「毛染め」「ブリーチ」強いアルカリ性のでキューティクルを強制的に開かせ、そこに薬浸透させの構造を無理やり開かせて、浸透させカールをつけたり、中の「毛質」と化合させて毛染めをします。その後、酸性の薬で再びキューティクルをじさせ、さらに、180度以上の熱を加える「形状記パーマ」「正」でを傷め、高温の熱風での水分を張させを破させてしまう等、何度も繰り返すとはボロボロになり、毛、切れ毛の原因になります。

さらに、を傷めるヘアカラー、スタイリングやコーティングが毛に入り毛をふさぎ、ニキビやかゆみ、乾燥激の強い洗浄力の強い合成シャンプーで毎日い使いつづけて化学物質が頭の毛に入り込んだり、の毛の傷んだ部分に入り込み、状態を悪化させます。

「パーマ」はの毛を構成しているアミノ酸同士の結合を断ち切ってカールした状態で再結合することで型を維持します。当然パーマをかける時にアミノ酸を断ち切るほどのダメージを与えますので、特にの表面が傷んでしまいます。「毛染め」についても表面に色がつくヘアマニュキアや浸透させて内部で発色する染毛などでを傷めます。

毛染めやブリーチの問題は過酸化水素などの酸化を使用することでの毛を構成しているアミノ酸を酸化してくなるので、表面のキューティクルという、うろこ状の部分ががれていきます。実際には毛がくなっていくので、の毛が途中で切れる切れ毛の原因になっていきます。

つまり、パーマにしても毛染め、ブリーチにしても表面のキューティクルにダメージを与えることで、部分的にキューティクルがめくれたり、がれたりして、そこから内部の保湿成分が抜け落ちるわけです。ちょうどりんごのをいくつも傷つけて放置しておけば、りんごはしなびていくようにの毛も内部が乾燥してひからびていきます。

しっとりしたとかまとまりやすいの毛は水分を適度に含んでいる状態です。

水分が少ないとぱさついて、の毛はまとまりにくくなり、キューティクルがめくれてがれやすくなります。こういう状態でブラッシングや洗浄力の強い石油系界面活性やせっけんシャンプーが内部に浸透して間物質が外に流れでて、しっとり成分(間物質や保湿成分)がなくなってより乾燥のスピードが早くなり、の毛自体が弱くなって、そこから毛や切れ毛になってしまうのです。

さらに、180度以上の熱を加える「形状記パーマ」「正」は、特にを傷めしまいます。高温の熱風は、毛内部のタンパク質(アミノ酸)が固まり自体が固くなって、水分の収ができなくなり、の水分を張させ、を破させてしまい、間物質の中のタンパク質に含まれるアミノ酸がひからびて、毛内にすき間ができてしまいます。

タンパク質で代表的なものにはがあります。生は流動体ですが、熱すると固くなります。も同じで、高温に長時間当てると、毛内部のタンパク質が固まります。そうなると、自体が固くなって、水分(保湿成分や補修成分等)が収できなくなり、しなやかさもなくなったダメージヘアに、また、何度も繰り返すとはボロボロになり、しなやかさもなくなって毛、切れ毛等のダメージ毛になってしまいます。

健康な状態のは、ある程度の湿り気をもっているということが分ります。

傷んだ洗浄力の強いシャンプーでって、石油系界面活性の化学物質がの傷んだ部分に浸透して、間物質がどんどんなくなってしまいすき間ができ、のトラブルの原因となり、余計にを傷めます。さらに、れてキューティクルがひらいている時にタオルでゴシゴシいてを傷つけたり、一点集中的な強い熱を与え過ぎの過度のブローも間物質の中のタンパク質に含まれるアミノ酸がひからびて、毛内にすき間ができ毛の原因になります。

パーマやカラリングなどの施術中でのトラブルが原因でできた毛は、の中間からけてゆく事が多いようです。毛も切れ毛も毛内の間物質がなくなってしまうことが原因なので、水分より発しにくい毛内に浸透させることができるトリートメントのような油分をつけて、失われてしまった間物質のかわりのトリートメントを補すれば、毛の中がスカスカになるのを防ぐことができます。

 

以上のように、ダメージは一つが独立して起こるのではなく、色々な原因がミックスされて起きることが多いのです。

毛ができてからてるのではなく、日頃から石油系界面活性シリコンなどのコーティングの入った処方のものを避けるとか、日頃のヘアケアが大切という事です。

アミノ酸シャンプーはアミノ酸主成分、の毛はアミノ酸が主成分なのでの傷んだ部分に浸透し、補修してくれるという効果があります。

には自回復能力はありません。

傷んだは、内部の間物質が減っていますから、それを修復するには応急的にトリートメントなどで補する必要があります。

また、毛になってしまったら、切るしか方法はなくなるので、その前の段階でダメージを食い止めることが大切になります。

一般的な市販のシャンプーは石油系界面活性立ちのよい安価な洗浄成分を使っています。そのため、合成香料、合成着色料、シリコンオイル、といった化学合成物質がたっぷりの洗剤で頭をうことになります。

化学物質が頭の毛に入り込んだり、の毛の傷んだ部分に入り込み、頭の血行の流れをげたり、頭乾燥させてしまったり、状態を悪化させます。

シリコン(ジメチコン)という名のヌルヌルした成分でツルツルになってツヤも出て手り、クシ通りもよくなりますが、実際はを傷めているのです。どんなに美容院での健康状態を改善しようとしてもシャンプーが石油系界面活性やシリコン、パール化の入ったものだと、は改善されません。

本当にと頭にいいものを使ってしい。

化学物質でコーティングしたり、人工的見せかけに使い続けなければ維持できない、という一般的な製品から決別して、原料費はかなり高くなるが、顔をうレベルのアミノ酸をベースにした独自のシャンプー開発にし、リンス、コンディショナー、トリートメントなしでも使える独自の無加、自然派のアクアモイストシャンプーならではの使用感も生まれました。

このような実態からお作りしたのがアミノ酸、イオン水主成分の最高品質のアミノ酸シャンプーです。

アクアモイストシャンプーはアミノ酸の洗浄成分へのこだわりだけでなく、顔につける美容液に使われる保湿成分を多く配合しています。

乾燥させない、頭に毛に余分なものをまらせない。それはフケ、かゆみ、抜け毛の予防にもなります。

の健康は頭の健康なくしてありえません。

も顔とつながっている皮膚です。頭を健康な状態に保つこと、それはだけでなく顔のアンチエイジングにもつながるのです。

まずは一週間は使ってみてください。アクアモイストシャンプーをご使用の初期には、今使っていたシャンプーのシリコン等のコーティングが落ちるので、一時的にがキシムかもしれませんがそれは正常なになる過程で一時的に起きる現象で、使い続けるうちに、の毛の質が変わっていくのを感じます。

また、一ケ月、ケ月と使い続けるうちに、頭が健康な状態に戻り、にハリやコシが出てきます。

 

Q8. 抜け毛がひどいのですが、使うと抜け毛は減りますか?

はい、必ず減ります。の毛は一日に約50〜100本抜けるといわれます。これは寿命があるためです。は平均約10万本とされ、その寿命は3〜5年とされ、を切らなくても自然と抜け替わります。ただし、毛本の周期がそれぞれ違うために一度にまとめて抜け落ちるということはありません。一ヶ月で約.cm、年間で15cmのびるとされています。

間違ったシャンプーの仕方をしていませんか?

シャンプーの目的はより「頭うこと」、頭の古い角質れを落とすことです。

しかし、シャンプーは全体をって綺麗にするという間違った知識を持った方もいます。その、頭や毛れが残留し、抜け毛は増えていきます。

また「シャンプーをするから抜け毛が出る」と思い込んで、綺麗っても頭をきちんとっていない人もいます。シャンプーによって抜け毛が出るのは上記の通り正常な抜け毛です。いずれにしても、毎日必ずらかの毛は抜けていき、また新しい毛が形成されていく、というサイクルを繰り返しているのが、の本来の姿です。うというより、毛れをしっかり落とすようにして、毎日のシャンプーをするといいでしょう。

Q9. シャンプーの洗浄成分やコーティングについて教えて下さい?

一般的なシャンプーの洗浄成分の中で、このような成分があると思います。洗浄力が強く、立ちが良く、原料原価が大幅に安い界面活性です。この成分を配合しているシャンプーで、や頭が良くなることは底考えられません。

要注意の合成界面活性の成分一例

ラウリルNa

スルホン(スルフォン)酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル酸塩

ラウレスNaラウレス酸アンモニウム

ラウリン酸◯◯

キシレンスルホン酸アンモニウム

パレスー3硫Na

パレスー3硫酸アンモニウム

ラウリル酸アンモニウム

アルキル(C14-18)スルホン酸Na

アルキルエーテル酸ナトリウム

オレフィン(C14-16)

商品の裏面に、酸またはスルホン酸・・・などと書かれていたら要注意!

タンパク変性を起こす成分で人体、環境にも好ましくなく、表示指定成分にもなっております。い消費者は対にご使用なさらないでください。

このような界面活性の入った処方のシャンプーは大幅に安価ではありますが、の毛先は、考えてみると、かなりのダメージ(損傷)を受けているのです。ですから、シャンプーの洗浄成分には十分に注意してください。

では、ダメージを考えたに優しい洗浄成分は以下のものです。

コカミドプロピルべタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウロアンホNa、ラウロイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルタウリンNa、ココアンホNa、ラウリン酸スクロース・・・。

界面活性の種類

アミノ酸系 ベタイン系 ●硫酸系 ●脂肪酸系 高級アルコール系など

この中で、アミノ酸系とベタイン系は自然な植物由来のものから作られ、それ以外は石油などから生成されます。

ここで、疑問が起こると思います。

洗浄力が強く、立ちが良いシャンプーを、なぜ?消費者が使用を続けるのか。

それは、シャンプーの成分の中に感触剤という成分を配合しているので、っている時の感が良く安価であることかと思います。

触剤の中では、シリコン系の成分が最も感が良いのです。

シリコン系のコーティングの入ったシャンプーやトリートメント等はをも皮膜をつくっり、皮膚げになり、不自然な光沢、つるつる感になってしまいます。

シリコーンを使わず、アミノ酸や糖を使うことにより、のまとまりが良いのに、さらっとした感を出すことが可能になっています。

以下が、シリコン系の成分です。

シリコン関連は市販の大半の合成リンス、コンディショナー、トリートメントにはど入っています。を人工的にコーティングしてツヤとサラサラを演出するだけの効果です。

のキューティクルを傷める原因にも。綺麗に見せてもを傷めたのではおめできません。そのシリコン系の成分によって、結果的に更なるタメージヘアになっていきます。今、使っている化品の成分を、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

あなたのは、1000回のシャンプーにえられないはずです。

ジメチコン・シクロペンタシロキサン・シクロメチコン・アモジメチコンメチコン・シリカ・ジメチコン・(ジメチコン/ビニルメチコン)クロスポリマー・(ジメチコン/フェニルジメチコン)クロスポリマー・ジメチコンコポリオール・ジメチコンコポリオールエチル・ジメチコンコポリオールブチル・ジメチコンコポリオールメチル・メチコンコプロピルPGベタイン

以上、洗浄力の強い石油系等の界面活性は、皮膚のバリアゾーンを通過して真から血液浸透し、体内に収されてしまいます。

間違ったシャンプー選びは切れ毛・毛・毛の原因・や毛根の細も弱らせるだけならまだしも、バリアゾーンを通過して経皮吸収され、内積され、個人の許容量の臨界点を突破したときに様々な障害を起こす可能性も否定できない事実を認識下さい。石油系界面活性はアトピーや子宮ガンの原因ともいわれています。

ラウリル系、スルホン(スルフォン)酸系、ラウレス系等の界面活性は、洗浄力が強すぎるため、頭そのものに必要な質まで取り過ぎてしまいます。皮膚に残りやすく、毛根などに悪影響を与えます。パーマやカラーの繰り返しなどで傷んでいる現代人のは、守っているキューティクルががれたり、ささくれたりしているので、の内部の栄養が抜けやすくなっています。そこに洗浄力の強いシャンプーを使うと、シャンプーするたびの傷みが激しくなることも。また、カラーの色あせが早くなる、パーマのウエーブがだれるなどのデメリットも。健康なへの第一歩は、トリートメントやコンディショナーより、まずシャンプーを変えることが先決です。

悪いシャンプーは今日使ったから的な害がすぐに出るようなことはないので、わたしたちが特に重要事項として留めることがなかったわけです。これは10年、20年、30年の長期スパンでえなければならない重大な問題だと当社は考えています。手遅れになる前に、安全なシャンプーに切り替える決断をした方が良いと思います。

・頭の健康を育みたいなら長期的な健康と美を見えて商品選をしていただきたいと願っております。パーフェクトとはいいませんが疑わしい化学合成物質とは可能な限り遠になることこそがベストではないでしょうか。

美女を起用したCM、素なボトルに入ったシャンプーは、そのイメージにかれ、ついつい使ってみたくなります。そのシャンプーが本当に良いものかどうか分かって使っているのでしょうか?間違ったシャンプー選びは、・頭を傷めるだけでなく、健康を損ねる可能性もあります。

 

Q10. アミノ酸系界面活性の特長は?

1.髪や体を作るために欠かせないタンパク質は、20種類のアミノ酸から作られています。タンパク質を多く含むアミノ酸シャンプーは浸透し栄養を与え、を補修してくれるという効果があります。

2.石けん同様、自然回帰、天然指向という時代の要請にマッチしている。

3.皮膚や毛に対する作用が温和で、さらに積極的にこれらを保護する機能をせ持つ。

4.きめ細かな立ちと適度な洗浄力がある。

5.水に近い低激性のもの、コンディショニング効果のあるものなど色々な種類がある。

6.生分解性(*1)にすぐれ、石けんシャンプーのような石けんカス(*2)は出ず、面器がないなどの利点もあり環境に最もやさしい界面活性の一つで、しかも、せっけんよりもが少なく使い心地の良いシャンプーです。

*1 い流した排水が自然界の生物によって99%以上が分解され、海や河川などをさない。

*2 石けんは歴史の古い界面活性で生分解が良い利点がある反面、水の中に存在する金属と反応して石けんカスができ、石シャンプー特有のキシミが気になって、っている最中にが痛んでしまいそうで使いにくいと言った欠点があります。このキシミは石シャンプーがアルカリ性で洗浄力が強いために起こる現象です。中性にするには合成界面活性を入れる以外に方法はありません。

当社のシャンプーはアミノ酸系界面活性の長所を最大限引き出して低激性、リンスレス処方を実現しています。

Q11. 値段が高いのはなぜですか?

市販のシャンプーは安い原価で大量生産されています。そのため、石油系界面活性や安い合成香料、化学薬品がたくさん使われています。アクアモイストシャンプーの原料は天然系成分を選し、原価が市販のシャンプーとはが違います。ちなみに市販のシャンプーの中身は数十円の原価だといわれています。値段が高い!アミノ酸系や、ベタイン系の成分は、石けんよりも製造工程が長く、シャンプーに使われる用性界面活性(ラウレス酸塩・・・など)に較べて生産量が少ないので価格が高いのが難点です。ラウリルNa、ラウレスNa、ラウリン酸◯◯など、「ラウリル」と「酸」がつく成分と比べて原料が大変高価です。主成分の原料が高く、使う量も多くなるので値段が高くなってしまいます。また、の栄養成分や保湿分をバランスよく配合していけば質がよくなりますが、これらの成分も質がよくなる程、原料が高価になります。当社が使用している界面活性は、「ココイルメチルタウリンNa」「ラウロイルメチルアラニンNa」というアミノ酸系界面活性の中でも最も低激で、激らしい激のない最高級のアミノ酸系の界面活性を使っています。

中でも特に低激でベビーシャンプーとか、他の界面活性激をやわらげるためにも使われているものです。それだけに値段が高いのですが、アトピーやアレルギーの人でも使用できることを考え、当社ではこの界面活性を使ってお作りしています。これを主といって主要な洗浄成分に使うメーカーはどありません。現在考えられる最も優れた原料を使い、植物系、天然の原料を主体に、かつ余分なものは入れず、品質に妥協しない、本気での事、の事を考え、使いやすさと安全性をね備えた理想的なシャンプーだと言えます。

シャンプーの範を超えた美容液のようなシャンプーです。

価格は高いですが、広告宣伝費でらんだ価格ではなく、正味中身を重視した、正直にお作りした結果の価格です。

問題はアミノ酸系界面活性や植物由来の原料、天然の精油等、大幅に高いのが難点です・・。ですが、当社では、あえてこれを処方して製品作りをしています。

市販のシャンプーのどが安価な石油系合成界面活性のひとつで、表示指定成分ですが、一般的な市販されている売れ筋の商品の大半は大量生産され、大幅にコストが安い石油系の界面活性をつかって作られています。

石油系界面活性は、その名のとおり石油を原料として作られた界面活性で、顔料やボディーソープ、シャンプーや歯磨など多くの製品に配合されています。石油系界面活性を化品など直接使う製品に配合することの危険性を回避すべく、変わって自然由来の原料を素に「アミノ酸系界面活性」を配合してお作りしています。

石油系界面活性は、洗浄力が高くて立ちやすく、原料が安価で大量生産され、価格競争の激しい市販品で使われることが多いのです。主成分がよくないと、どれだけ有効な成分を配合しても、洗浄成分が強すぎるために、効果はマイナスになってしまいます。や頭先々のことを考えると、当社のシャンプーは現在出回っている中ではもっとも低激なシャンプーです。

Q12. 洗浄成分がアミノ酸系ということですがに優しいのですか

と地のことを本気で考えたら、アミノ酸シャンプーにたどりつきました。

シャンプーは地ケアするのが大切な役割。だから当社は自然由来の洗浄成分「アミノ酸」ベースにこだわりました。アミノ酸系シャンプーというものはズバリ界面活性がアミノ酸がメインでできているということです。

だけでなくにも優しいので、頭のケアや抜け毛、フケの防止やの張りを取り戻せるなど、さまざまな効果があるのです。

人間の体を作っているのがタンパク質で、そのタンパク質を構成する最小単位がアミノ酸なのです。

だから、天然のアミノ酸シャンプーは頭にしっくりとなじみ、自然にその栄養分を取することができるのです。

石油系界面活性を使わない自然の天然アミノ酸シャンプーだからこそできることなんです。

アミノ酸の効果は、浸透し、補修するというものです。

人にも環境にも優しいアミノ酸シャンプーを、一度使ってみてください。

アミノ酸は体に必要なものであり、体を構成する成分でもあるので界面活性として使ったときにかなりなじみがよくなります。そして激も少ないです。

ただし、値段が高くなるということと、洗浄力がマイルドなため、っぽい頭った気がしないかもしれませんが、や頭のダメージを先々の安心を考えるとマイルドな処方がおめです。あと、頭になじみやすいためい残しになりやすく、かゆくなる場合がありますが、どんなシャンプーでもい残しがあるとかゆみの原因になります。

昨今ごくわずかにアミノ酸系の成分が入っているだけでアミノ酸シャンプーといったり、合成シャンプーに、保湿目的の加物としてアミノ酸を加えただけのシャンプーといって売られている場合もありますが、これはまったく違います。

への影響を考えたら、使っている内におの調子が良くなるアミノ酸シャンプーは、浸透し、補修してくれるという効果がありますのでリンスはいりません。

アミノ酸系界面活性の優れた特

*刺激が少ない

石けんカスがでない

生分解性が良い

きめ細かな立ちがある

適度な洗浄力がある

アトピー性皮膚炎や乾燥肌などで、激の少ない洗浄剤を求める人におめです。

激が少ないシャンプー」というと、一般的に石けんシャンプーというイメージがあるかと思いますが、セッケン(脂肪酸ナトリウム/カリウム)よりアミノ酸系の界面活性の方がへの激が少ないので、特にの弱い、の方にも安心してご使用になれます。

Q13. は特に傷んでないのに、カラーやパーマでよく失敗します?

ダメージが無いように見えて、実はシリコンによってカモフラージュされているかもしれませんよ。

シリコンとは、一般市場で流通しているシャンプーやリンス、コンディショナー、化品などには、必ずといっていいほど配合されています。シャンプーの主成分である、界面活性洗浄力の激で、が傷むのを誤魔化すために、の感を良くし、を出す目的で、

シリコンなどのコーティングは大量に使われています。

こうした商品からシリコンを取り除いてみると、途端に激の強い液体に変わります。更に、シリコンの強力なコーティング力(水性)は、パーマ液、カラーげにもなり、施術ミスの原因ともなります。また、一見すごいのあるでも、シリコンを取り除いたら、実はすごい傷んでいるもあります。

出しには最高の成分ではありますが、地には最悪で、シリコンの油分で毛らせ、頭皮膚げになり、先々毛の原因にもなります

Q14. シャンプーをした後、の毛がくなり、ごわついて傷んだ感じになりましたが

一般の、シリコンの配合されたトリートメントの手りにれてしまっていると思いますが、決して傷んだわけではありません。

の中に、ケラチンタンパク質や間物質がギッシリまると、は強さが出てくなるもので、それが本来の健康毛の状態なのです。

シャンプー後、中途半端にかさず、完全にかしてあげて下さい。ギシギシ感は無くなり、コシのあるツルツルとした手りになるはずです。そして、真に健康なは、引っ張った時、ゴムみたいに伸びたりせず、キュッキュッと音がします。毛改善された方は、シャンプーの際、一般のシャンプーでは洗浄力が強く、せっかくのトリートメント成分を流れ出してしまうので、できれば当社のシャンプーでってあげて下さい。マイルドな洗浄力ですので、トリートメントの持ちが良くなります。そして、シャンプー後、リンスは一切必要ありません。

Q15. シャンプーをした後、頭がかゆくなったり、フケが気になるのですが?

がかゆくなったり、フケが気になるのはトラブルが起こっている証拠です。

シャンプーのボトルの裏表示に「ラウリルエーテル酸塩」などの石油系界面活性表示を見つけたらそれは酸系です。油れをかしながら落とすタイプなので洗浄力は強いのですが、頭には激が強いので、新毛が育たず抜け毛が増えていきます。

フケやカユミでお悩みの方は、特に「い流す」に重点を置いてください。フケやカユミの原因の大半はシャンプーやリンスの成分(特に石油系のものは要注意)がと頭に残ってしまっていることが原因。「十分かな」と思ってからさらに20秒以上い流すくらいしっかりと時間をかけてい流しましょう。

シャンプーの主な機能を果たす成分は、シャンプーの基となる界面活性です。界面活性とは、水に染みやすい部分と、油に染みやすい部分を持つ物質で、油れを落としたり、油と水を染ませたりする性質があります。この性質を利用した代表的なものとして、台所用中性洗剤があります。つまり、シャンプーは台所用合成洗剤と同じという事になります。また、シャンプーで頭うと、頭皮脂膜は完全に除去され、その上にシリコンや、ヒートプロテインが残留し、毛がれ、正常な代謝は害されてしまいます。結果、最近の傾向として、頭湿疹出物、かゆみで悩んでいる方が多くなっているのです。他に、CMで人気だったり、キャッチフレーズがかったり、見た目が高級感のあるシャンプーでも、実は豊かな立ち、優れた洗浄力は、主の界面活性洗浄力と気力に優れた、安い原料で作られた低価格のシャンプーに多く見られる傾向です。

昨日洗髪したばかりなのに朝起きたらもう、ふけが出ているなんて体験ありませんか?

ふけにもいたふけと湿っているふけの二種類があります。

湿っているふけの対策は、毎日のシャンプーが大切です。

乾燥しているふけの対策は逆にいすぎるとよくないです。

1日おきくらいの洗髪が良いと思います。頭乾燥すると、かゆみが出たり、それとともに、フケも出ます。

乾燥する原因としては、シャンプーのすすぎが足りなくて、頭にシャンプーの洗浄成分が残ってしまっていると激反応によって、炎症などを起こしやすく育毛・発毛にはよ

くありません。そして、皮脂を落としすぎてしまう脱脂力の強いシャンプーを使ってしまっているということ。頭が立っていて地が傷ついてしまっているなどがあります。ほかには、頭の栄養状態などが悪い場合。食生活が乱れているなどですね。

ストレスも関係あるようです。

乾燥してかゆみ、フケを伴う場合には、様々な対策があります。

何か手立てはあるはずです。めないで、シャンプーやい方を変えることから取り組み、その中で、一番手っ取り早い方法は、毎日使っているシャンプーも見直してみましょう。

アミノ酸系のシャンプーに変えてみたらどうでしょう。

激の弱い、マイルドなシャンプーを使うということが一つあります。

なんといっても、大切なのは「しっかりと地をケアすること」がポイントなのです。

ふけを気にしすぎてふけ取りのシャンプーを使うと激が強くて逆に頭の新代謝が活発になりふけが増えることも!

有害成分で破された皮膚の層がはげ落ちたものや、フケの原因が合成洗剤によるものだったり。また、フケ・かゆみ・かさつきは水分不足が原因だったり。地も植え木と同じで必要な保湿しがります。ミネラルと水分は健康なにとって大切な栄養分です。

当社のスキンケアシャンプーは、地の保湿を取り除かないように究を重ねてきた【無香料】【無着色】のアミノ酸系の美容液のようなシャンプーです。

フケは頭の角質がもろくなってはがれ落ちる現象。

かゆみや地からの発が多くなるのも、皮脂の分や頭の異常の危険なシグナルです!また、最近皮脂の分が活発になると、「マラセチア」という生物が異常に繁することが明らかになってきました。これが頭激し角質のがれ(代謝)を促進し過ぎて、大量の「フケ」となってしまいます。

この激が、一層「かゆみ」を促進してしまうと考えられます。

こうした「マラセチア」の繁を防ぎ「異常なフケ」を治すには、にもにも、頭を清に保つことが一番です。

しかし、通のシャンプーには、頭を異常に乾燥させてしまう成分が多く含まれています。よく言われるような、石油系の合成界面活性による洗浄成分等々です。

一般的に、顔料などに比べても、シャンプーの洗浄成分は、激の強いものが使われがちです。このような洗浄成分のシャンプーは、脱脂力が強く、毛皮脂を取りすぎてしまいます。さらに、頭いすぎてしまうと、皮脂を過度に取りすぎてしまうので、今度は地乾燥から、かゆみや、毛を招く危険もあります。

さらに、鉱物油が配合されていると、一時的にこれが皮脂変わりになって、必要な皮脂えてしまいます。

そうなると、の毛の成長は害され、毛や、毛の原因にもなってしまいます。

また、頭がかゆいからといって、ガマンできずにいてしまえば、頭は炎症を起こし、さらにフケが増え、かゆみは増し・・という悪環を招いてしまいます!!

よって、シャンプーには、リンスや、スタイリング等の他のヘアケア製品より以上に、相当気をつける必要があります。

シャンプーを選ぶときに、まず気にかけてしいのは、「洗浄成分」です。ここに、石油系の界面活性を使用していれば、強い激は避けられません。また、洗浄成分以外の成分もとてもたいせつです。

一方、地にやさしい成分を使用した当社のアミノ酸シャンプーには、マイルドな顔ソー

にも使用されるような、植物系やアミノ酸系の洗浄成分が使われています。

当社アミノ酸シャンプーは、余分な皮脂をしっかり取り除き、植物由来の有効成分で頭の炎症をえるので、頭のかゆみやフケ対策に適しています。

通常、シャンプーに配合されている保湿剤には鉱物油やシリコン系のコーティングが使われていることが多く、これらは、一のしっとり感をにもたらすものの、長い間には毛のパサつき、毛につまっての毛の原因になることもありますので、ご注意ください。「洗浄剤で、過度な皮脂の流出と乾燥を招くから、油を配合して保湿感を補う」というのは、型的な悪いシャンプーのパターンなのです。

乾燥、かゆみ、フケの予防

・シャンプーをする前に、分頭をすすぐ

・頭スッキリ洗浄ブラシなどで頭をブラッシング

激の少ないシャンプーを使って洗髪

・再びブラシで毛皮脂をしっかり除去

・シャンプーの成分が頭に残らないように、すすぎの時間はしっかり長めに

というようにシャンプーのやり方を変えたところ、頭乾燥、かゆみ、フケはすっかりと治まっています。

の毛皮脂

の毛につまっている皮脂

これが原因となっている方には、頭ブラシを使って、頭の毛皮脂をしっかりと落とす、除去することは効果があるのではないかなと思います。

もちろん、他の原因で頭乾燥していたり、フケが大量に出ていたり、みがあったりなども考えられます。

毎日ってもフケが出たり、が白くなるようであればフケ症と考えられます。

原因はシャンプーなどの脱脂力が強過ぎてなる場合などが考えられます。

何が原因

フケ症といってもつに大別できます。フケのひとつは脱脂力が強いシャンプーが原因で起こ性のフケ、白くて細かいパラパラしたフケで、シャンプーをし過ぎて質が不足して頭乾燥したためにでるフケです。もうひとつのフは、ベタついて湿ったフケで頭に張り付いていたり、かたまりになって落ちたりするフケで、頭質が多い人のフケです。フケの原因が違えばシャンプーの仕方も違います。

性のフケはパラパラと落ちてくるフケのことです。脱脂力の強いシャンプーでい過ぎると、乾燥が進んでフケ症の原因になります。

現に、使用する界面活性によりフケの発生速度が異なると言う究報告も出されています。毎日洗髪するのは、フケを目立たなくすることと、フケの繁を防ぐ点では良いことですが、洗浄力がマイルドで保湿力のあるシャンプーを使わないとフケを増やすこともあります。

そして、シャンプーする時に頭をマッサージするようにいするのは頭の血行をよくするだけでなく、フケを目立たなくする効果もあると思います。

シャンプーの基本はうのでなく頭うことです。の毛のれの7080はおで落ちてしまいます。残った油分をシャンプーで落とすのですが、少量のシャンプーで十分にすすぐこともシャンプーの基本です。朝シャンなどで時間のないシャンプーはすすぎが不十分なことや頭湿った状態に放っておくことで、フケっぽくなったり毛炎を起こすことがありますから要注意です。

 

シャンプーの前に、ぬるまの毛におを含ませるようにして全体をいます。シャワーの下に頭を差し出してれるのに任せるのではありません。

シャンプーを手の平にとって立ててから、の毛の上からつけるのではなく頭につけてから、軽く全体になじませます。

を両手の指の腹でマッサージする感じでいます。を立てたりゴシゴシうのは禁です。頭を傷つけてしまいます。前頭部と頭頂部は皮脂が多いので丁います。

ぬるまでシャンプーを十分にい流します

Q16. 育毛シャンプーと何が違いますか?

育毛は頭の健康なしには語れません。頭の毛が正常でない限り元気なは生えません。その、何よりも頭の健康を考えたらアミノ酸系が主成分であるシャンプーが一番です。

その、アクアモイストシャンプーは育毛成分を配合して育毛には有効かと思いますが育毛を主目的にはしていません。頭の健康ということを考えれば育毛シャンプーと同様もしくはそれ以上の良さがあります。とはいえ、抜け毛の原因も一概にシャンプーのみが原因とはいえませんので育毛目的というよりは抜け毛予防とお考えください。

Q17. シャンプーづくりの条件は何を基本にして作られていますか?

「シャンプーづくりの条件は」

基本的にシャンプーの役割は『地をマッサージしながられを落とすことはもちろんですが、うというより、頭う』と言った考えに基づいてお作りしております。

「健康な頭にこそ、健康でつややかなが生まれる」を基本に開発しております。

.台所洗剤に使われている石油系界面活性や、消費者が不安・疑問を持つような原料は一切使わないこと。

.赤ちゃんからの弱いワンちゃんでも使えるに優しい安全・安心なシャンプーであること。

.リンスやコンディショナー、トリートメントを使わなくても、毎日使える使い心地のよいシャンプーであること。

.私たちがえるの悩みが少しでも改善できるシャンプーであること。

.地球環境に優しい生分解性のシャンプーである事。

以上のように、シャンプーはとても大切な役割を担っています。

Q18. とお微妙な関係

あなたは、今お使いのシャンプーで顔がえますか?

お顔の手入れにには、お金と時間をかけていても、シャンプーには無着、という方も多いのでは?

でも、頭は顔ともつながり、人の頭の半分以上を占める重要な部分。しかも、顔より頭ほうが上にあるので、ここのケアをおろそかにしてしまうと、頭につながるお顔までたるんだり、シワがよったり...。どんどん「老け顔」になってしまいます。

また、頭もお顔も、同じ皮膚です。お顔をえないようなシャンプーは、頭にも使うべきではないでしょう。

と頭にやさしいシャンプーは、おにもやさしいのです。

身体になじみ易いアミノ酸シャンプーで地から全体を健康にすることが大切なのです!!!

アミノ酸シャンプーには、ベースとなる界面活性に石油系の合成界面活性が使用されておりません。より安全性が高く、低激性の天然界面活性を使用しており、さらに、無香料・無着色ですので、の弱い方やアレルギーの方・デリケートな赤ちゃんのおにだって安心のシャンプーなのです。

アミノ酸シャンプーを使うと、オレンジのやかな香りがしますが、これは合成香料ではなく天然オレンジエキスの香りですので安心です。しかも、残香性がありませんので、かすと自然といが消えてしまいます。

 

 Q19. 何の香料が配合されていますか?

リラックス効果の高い、

柑橘系の天然香料のみを採用。

お風では一日のれをし、ゆっくりとリラックスしたいもの。

アクアビューティーラボのモイストシャンプーは洗髪中に、やかに香る天然オレンジ油を配合しました。

柑橘の少し香性の香りで、れや緊張をほぐし、やかにする効果があります。

香水などと香りが混ざらないように洗髪後は自然に消える程度の香性なので朝の洗髪でも平気です。

もちろん表示指定成分、合成着色料(パール化)、石油系界面活性合成香料、鉱物油、外線、パラベン等つの無加でお作りしています。

オレンジ油・オレンジ果皮油
の天然香料を採用。
保湿力が高く、疲れや緊張を
ほぐす効果がある。

Q20. 実は貴女のおはもっと元気なのです

多くの女性が毎日を見てパサつく乾燥やニキビ、シミなどに心を痛め年をかさねていくおに悩んでいます。

それを何とかしようと日々色々なスキンケア製品を使用して張っています。

スキンケア製品も、どんどん高級化・多様化してアイテムはどんどん多くなり年と共に高級な物を使わなければいけない。。。という義務感にとらわれてしまいます。

それでいいのでしょうか?

これは、った時のみ しっとりーといった、その場しのぎの使用感に重点をおいた一般的なスキンケア製品の

本当におが元気になっているのか・・・?

というと全く違っていて少しでもスキンケアをるとたちまちパサパサのや、シワシワ、カサつく乾燥気味のおになってしまう。

「年と共におえ、くなったからしかたがない、、、」

確かにそうかもしれませんがその悩みは本当に年のせいだけでしょうか?

今の一般的なスキンケアは本来のの気持ちを無視しています。

これは、まさに薬のようです。

使い続けなければ維持できないというのが一般的なスキンケア製品の現状です。

その多くが化品メーカーの販売戦略としか思えないような処方があまりにも目につきます。

実は「貴女のおはもっと元気なのです!」

貴女自身の自活力を引き出す...。アクアフレッシュシリーズがお手伝いをいたします。

そんなメッセージをこのアミノ酸シャンプーに込めて開発しました。

 

こんな方にアミノ酸シャンプーをお勧めします。

・シャンプー時の抜け毛が気になる

・パサついて、ハリ・つやがない

・フケが多く、かゆみが気になる

毛・細毛で困っている

毛でがまとまりにくい

・パーマヘアダイで傷んだ

・合成香料が気になる

・最近、毛が気になりだした。

毛や切れ毛が気になりだした方

・日頃から外線をたっぷりびている方。

で低激のものをしている

・市販のシャンプーが合わない方

・アレルギー体質で市販のシャンプーがに合わない方。

以上、このような症状が現れている方は、イオンフレッシュシリーズのアミノ酸シャンプーの手応えを実感して頂くため、今のシャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントはいったんお休みしてお試しください。

ページトップへ戻る

Copyright 2014 AQUABEAUTY LABO All Rights Reserved.